さし木・種まきの培養土(東北)

説明

さし木・種まき専用の配合で保湿性を重視した配合とバーク堆肥の発根促進成分が発芽直後の幼植物やさし木の発根を助けます。

特長

■保水性の良い配合とバーク堆肥の発根促進成分が、発芽直後の幼植物やさし木の発根を助けます。 ■小さなタネの発芽を安定させる為に、粒子の細かい素材を使用しています。

●使用前に培養土を湿らせ、落ち着かせてから使用して頂くとよりタネの発芽が安定します。 ●さし木(芽)は十分に水やりし、直射日光の当たらない明るい場所置き、用土が乾いたら水やりします。 ●種まきは発芽するまでは表面を乾かさないようにし、発芽後は表面が乾いてから水をやります。

使い方

東北

販売地域

堆肥(岩手県・山形県)、鹿沼土(栃木県)、ピートモス(サハリン)、パーライト(中国)、ココピート(スリランカ)、ゼオライト(山形県)、軽石(秋田県)、千厩真砂土(岩手県)

主要原料

12ℓ、5ℓ、2ℓ

容量

350×550mm、290×415mm、200×290mm

サイズ

6.0kg、1.7kg、0.8kg

重量