有機肥料

有機肥料とは、科学的に合成されたモノではなく、自然のモノを材料につくられた肥料の
ことです。 効き目はゆっくりですが、土壌にもやさしい肥料です。
植物は有機肥料をそのままの形で吸収するわけではありません。
有機肥料内の有機物を、土壌内の様々な微生物が時間をかけて分解してから植物は吸収します。
ですから有機肥料を使うにあたり、微生物が豊富に棲む土壌にする必要があります。
土の中の微生物を増やすには堆肥を畑にすき込むことで解決されます。さまざまな生物が、
堆肥をエサとして活動するからです。作物を育てる前には、畑に堆肥をすき込みましょう。
家庭菜園で一般的に使われる有機肥料には、米ぬか(ぬか)、油かす、骨粉、魚かすがあり、
前述の鶏ふんなど堆肥も有機肥料としての働きもあります。